大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


Gridミドルウェアと連携したネットワーク制御手法に関する研究
著者
  西 繁則
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学大学院 情報工学研究科 情報システム専攻, 修士学位論文 2005 年 2 月
 
アブストラクト
  Gridコンピューティング環境において,効果的なアプリケーションの分散処理を 実現するために,アプリケーションの構成や資源の利用状況を考慮して資源管理 を行うスーパースケジューラの研究開発が進んでいる.しかし,Gridアプリケー ションは大容量のデータ送信を含む複数のタスクにより構成されているため,あ る一定の帯域の確保や,遅延時間を考慮しなければタスクの処理時間が悪化して しまい,特にタスク間に依存関係が存在する場合には次のタスク割当てが行えな い等の影響が考えられる.そのため,効果的にGridアプリケーションを処理する ためには様々なネットワーク特性を考慮する必要がある.しかし,ネットワーク 特性がGridアプリケーションに対して与える影響は明らかにされていない. また,Gridアプリケーションに対してネットワーク資源を割当てるために,スー パースケジューラと連携して利用状況の管理や資源割当て,経路制御等を行うネッ トワーク制御管理サーバの枠組が提案されている.このような連携機構を活用し, アプリケーションに対して効果的にネットワーク資源の割当てを行うためには, スーパースケジューラから得られる情報を有効に活用したネットワーク制御方式 の検討が重要な課題である. そこで本研究では,まずGridアプリケーションにおいてタスク割り当てが行われ る複数の計算機により構成された環境内のネットワーク資源が,アプリケーショ ンの実行に与える影響について調査し,タスク割当てを実行する際に考慮しなけ ればならないネットワーク特性を明らかにする.さらに,ネットワーク制御管理 サーバにおいて,Gridアプリケーションが必要とするインターネット特性に応じ た適切なネットワーク制御を行う手法を提案する.そして,シミュレーションに よる評価より,提案手法が利用者間の効果的なネットワーク資源共有を促し,良 好なアプリケーションの処理性能を達成することを示す.
 
キーワード
  GRID
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.