大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


俊敏な一時的経路切り替えのためのルーティング機構
著者
  池永 裕晃
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科, 卒業論文 2005 年 2 月
 
アブストラクト
  現在のインターネットでは様々な経路制御アルゴリズムに基づく経路制御プロトコル(例:Open Shortest Path First (OSPF))が使われている.これらのプロトコルにより,ノード同士が局所的なネットワーク情報を交換し,同期の取れた大域的なネットワーク情報を基に各ノードは経路表を計算できる.しかし,ネットワーク上のどこかで障害が発生し,大域的なネットワーク情報の同期が崩れると,ノード間で情報を交換して再び同期が取れるまでの間,経路がループしてパケットロスが発生する可能性が高くなる.この間のパケットロスを防ぐため、一時的に経路を切り替えるFast Re-routeの枠組がIETFで検討されている. 本研究では,Fast Re-routeの一方式として,各ノードにおいて事前に計算可能な各隣接リンクの障害用経路表を利用して,一時的な迂回経路を実現する機構を提案する.さらに,設計した提案機構の一部を実装し,実験ネットワーク環境において性能を評価し,その有効性を明らかにする.
 
キーワード
  QoS routing, その他
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.