大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


オンラインシミュレーションにおけるシミュレータの実行時間の調査に関する研究
著者
  大久保 剛
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科, 卒業論文 2005 年 2 月
 
アブストラクト
  近年、インターネット利用者の増加やブロードバンド化に伴い、転送されるトラヒック量が急激に増加している。しかし、現在の経路制御手法ではトラヒックがネットワーク内の特定リンクに集中するため、各リンクの利用率に偏りが生じ、ネットワーク全体の利用率とトラヒックの通信品質の双方の低下を招く。このような問題を解決するためには、ネットワーク状態に応じたトラヒック制御を行う必要があり、その実現手法として「オンラインシミュレーション」が提案されている。 これは、対象ネットワークに対して情報取得、シミュレーション、制御パラメータ反映という一連の処理を繰り返し実行することでトラヒックの転送状況を漸近的に改善する。 また、それら一連の処理は、動的に変化するネットワーク状況に対応するため高速に行う必要があるが、トポロジやトラヒックパターン等によっては制御周期におけるシミュレーション実行時間の占める割合が増大する可能性がある。 そこで、本研究では、オンラインシミュレーションで用いるシミュレータとしてns (network simulator)を仮定した場合に、シミュレーション実行時間における設定パラメータの支配的な要素を調査し、オンラインシミュレーションにおけるnsの適用範囲を明らかにする。
 
キーワード
  その他
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.