大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


パスに沿った可用帯域幅推定手法の特性比較と評価
著者
  宮島 拓庸
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科, 卒業論文 2005 年 2 月
 
アブストラクト
  近年,アプリケーションの品質に直接影響を与える等の理由から,エン ドツーエンドパスに沿ったネットワークの状態/特性の把握が重要視さ れてきた. 例えば,パスに沿った可用帯域幅は,アプリケーションによる最適な送信 レート制御やサーバ(パス)選択を行う際に重要な特性である. この可用帯域幅を計測する場合,パス上にある各ルータの情報を利用で きれば直接計測が可能である.しかし,一般にそのような情報の利用は困難で あるため,パスの両端の端末間でパケットを送受信し, そのパケットの挙動を計測することにより可用帯域幅を間接的に推定する 必要がある.そのため,可用帯域幅を間接的に推定する手法とそれに基づ くツールが開発されてきたが, それらのツールがどのような条件(ネットワークやその上を流れるトラ ヒック)の下でどのような推定精度/信頼性を示すのかという特性 は明らかにされておらず,普及が進んでいない.そこで本研究 では,実験によってそれらのツールの特性を明らかにすることによって, 実運用でそれらのツールを使用する際の指針を示す.
 
キーワード
  Measurement
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.