大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


センサトラヒックを考慮したネットワーク制御に関する研究
著者
  古賀 佑成
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科, 卒業論文 2005 年 2 月
 
アブストラクト
  近年、いつでもどこでもネットワークにアクセスすることができるユビキタス ネットワークが注目されており、室内温度や光量、人の挙動などを感知・検知 するセンサから送出される「センサトラヒック」が増加すると予想される。 センサトラヒックのネットワーク転送においては、転送デバイスの省電力化 等により再送処理が困難である。したがって、インターネットで効率良く転送 ためには、高い転送優先度を付与する必要がある。 現在のインターネットにおけるトラヒック制御は、WWW (World Wide Web)や電 子メールなどのノンリアルタイムトラヒックに対して、VoIP (Voice over IP) やVoD(Video on Demand)などのリアルタイムトラヒックを優先的に転送するこ とにより、後者の要求するサービス品質(Quality of Service、QoS)を相対的 に改善する方法が採られている。しかし、センサトラヒックとリアルタイムト ラヒックに高い優先度を付与すると、センサトラヒックの転送量の増加に伴い、 リアルタイムトラヒックのQoSの劣化、さらにはノンリアルタイムトラヒック 転送への悪影響が懸念される。 そこで本研究では、現在のインターネットにおける優先制御下においてセンサト ラヒック収容する場合のリアルタイム/ノンリアルタイムトラヒックの転送性能 への影響を調査し、必要となるネットワーク制御について検討する。
 
キーワード
  その他
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.