大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


プローブ遅延特性を利用した廃棄率推定手法の実装に関する研究
著者
  梶谷 匡孝
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学大学院 情報工学部 情報システム専攻, 修士論文 2005 年 2 月
 
アブストラクト
  現在,インターネットは社会や経済のインフラストラクチャとしてトラヒックの転送品質が要求されるようになってきた.その実現のために,広域ネットワークの特性を計測する手法が求められている.しかし,インターネットの大規模化により,直接的にネットワークの状態を把握することが困難となっている.計測技術の一つであるアクティブ計測(Active Measurement)は,プローブとよばれる計測用パケットをネットワークに送出し,その転送状態からパケット廃棄や遅延などの特性を統計的に推定する.そのため,プローブパケットが被計測系に及ぼす影響を考慮する必要がある. これまでに,アクティブ計測におけるプローブパケット連続転送方式を適用したパケット廃棄率推定手法が提案され,プローブパケットの廃棄率の相関を利用することで,被計測系のパケット廃棄率を少量のプローブパケットの注入により高精度に推定可能であることが示されている.さらに,プローブパケットの廃棄率と転送遅延の関係を定式化し,転送遅延特性からパケット廃棄率の推定が可能であることを示唆しているが,その関係式の妥当性の評価は行われていない.そこで本研究では,その有効性について実装して調査する.
 
キーワード
  Measurement
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.