大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


ネットワーク帯域幅の非対称性を考慮した計算機の時刻同期手法
著者
  上田 健太郎
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科, 卒業論文 2005 年 2 月
 
アブストラクト
  ネットワーク上で,高精度に通信品質を計測するためには,計測する計算機間の時刻を 同期させなければならない. 既存の時刻同期手法は二点間での双方向の片道パケット遅延の計測に基づき, その二点間の時刻の差({¥it offset})及び時刻の進みの差({¥it skew})を補正する事で時刻同期を行っている. しかし,二点間のパスの往路と復路の遅延特性が同一と仮定して推定を行うため, Asymmetric Digital Subscriber Line(ADSL)のような帯域幅が非対称なパスに適用した場合,{¥it offset}の推定誤差は大きくなる. この問題を解決するため,帯域幅の非対称性を考慮した推定手法が提案されているが, その特性は明らかにされていない. そこで本研究では,帯域幅の非対称性を考慮した推定手法の特性を シミュレーションを用いて解析し,既存の推定手法と比較してその有効性を評価する.
 
キーワード
 
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.