大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


パケット自己消滅手法によるネットワーク時刻同期精度の向上
著者
  北口 善明,町澤 朗彦,鶴 正人,尾家 祐二,箱崎 勝也
 
雑誌名/会議名
  情報処理学会論文誌,Vol.46 No.4 pp.1017--1024 2005 年 4 月
 
アブストラクト
  本稿では,ネットワークを介した時刻同期の精度向上を目的とし, その解決手法としてネットワークからの支援を用いた「パケット自己消滅 手法を提案する.ネットワーク支援に最小機能アクティブネットワークの仕組みを 用いてパケットの制御を行い,最大キュー長制限方式 (MTQ方式) と全キュー長制限 方式 (QTL方式) の2方式による制御を可能とする.本稿では,本提案手法の有効性に ついてシュミレーションと実証実験により有効性を明らかにした.
 
キーワード
  その他
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.