大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


キャッシュを使った頻出アイテムの抽出
著者
  吉田 健一,勝野 聡,藤田 昌克,鶴 正人,阿野 茂浩,山崎 克之
 
雑誌名/会議名
  電子情報通信学会論文誌 J88-B(10), pp.2012--2021 2005 年 10 月
 
アブストラクト
  バスケット解析の基本手順の一部である頻出アイテムの抽出をオンラインで高速に行うための手法としてメモリキャッシュを使う方法を提案する. また, この手法の動作特性を解析し, 頻出アイテム抽出のためのキャッシュ管理にはLRUよりもランダムベースのもので性能のよいものがあることと, データがZipfの法則に基づく場合ランダムベースのアルゴリズムが通常のヒット率においてもLRUより優れていることを示す. これは, ここ数十年標準的なキャッシュ管理の方法として用いられてきたLRUまたはLRUベースの手法に対して, randomベースの手法が有望なことを示唆している点で注意を要する.
 
キーワード
 
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.