大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


Evolved UTRA and UTRANネットワークにおけるパケット合成型Hybrid ARQの性能評価
著者
  山本 篤,山本 寛,塚本 和也,内田 真人,鶴 正人,尾家 祐二
 
雑誌名/会議名
  電子情報通信学会 技術研究報告,IN2005-140,pp.67-72,(2006年1月20日,京都大学) 2006 年 1 月
 
アブストラクト
  次世代の移動体通信システムとして,Evolved UTRA and UTRANに注目が集まっている.この次世代移動体通信システムでは,効率の良い再送方式としてパケット合成型Hybrid ARQ (HARQ)が必須とされている.しかし,Evolved UTRA and UTRANネットワークを対象としたパケット合成型HARQのTCP伝送特性への有効性はまだ調査されていない.そこで本稿では,従来の再送方式であるBasic HARQを比較対象とし,Evolved UTRA and UTRANネットワーク上でパケット合成型HARQを使用した場合のTCP伝送特性への有効性を調査する.その結果,パケット合成型HARQを利用することによって,受信状態の悪いユーザのTCPのスループットが改善し,ユーザ間の公平性が向上することを示す.
 
キーワード
  Mobile, Wireless
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.