大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


クロスレイヤアプローチによるTCP通信のためのWLANハンドオーバ制御
著者
  井島 亮一
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学大学院 情報工学研究科 情報システム専攻, 修士学位論文 2006 年 2 月
 
アブストラクト
  無線LAN (WLAN)で構成されたユビキタスネットワークでは,移動端末(MN) はWLANを介していつでもインターネットに接続することが可能となる.このときユビキタスネットワーク内においてMNの移動透過性を実現するためには,既存のアプリケーションに多く採用されているTCP通信に着目し,MNが異なる管理ドメインのWLAN間を移動する際に,通信の継続及び通信品質の劣化を防いでWLANを切替える(ハンドオーバする)ことが重要となる. このハンドオーバ時の通信継続及び通信品質の劣化を防ぐためには(a)無線リンクの品質劣化の適切な検知,(b)ハンドオーバ処理による通信不能時間の削減,(c)良好な通信品質を見込めるハンドオーバ先の選択,の3つの項目を満たす事が可能なハンドオーバ制御機構の提案が必要となる. そこで,本論文ではまず(a)を満たすためハンドオーバ決定指標に着目し,最適な決定指標に関して検討を行う.その結果を基に(a)〜(c)を考慮した統合的ハンドオーバ制御機構を提案し,シミュレーションにより提案機構の有効性を評価する.
 
キーワード
  Mobile, Transport protocol, Wireless
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.