大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


無線LANにおける干渉を考慮したAccess Point選択方式の提案と評価
著者
  金子 仁
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学大学院 情報工学研究科 情報システム専攻, 修士学位論文 2006 年 2 月
 
アブストラクト
  近年,携帯性を損なうことなくインターネット(the Internet) に接続できる利点から 無線LAN(Local Area Network)が広く普及している. 既に,都市や特定エリアをカバーする公衆無線LANサービス が開始され,無線LANが利用可能な空港や展示会場なども数多く整備されつつある. また,家庭やオフィスなどにおいても同様に無線LANの利用が広まっている. このような 無線LANの整備に伴いアクセスポイント(AP,Access Point) の設置台数も増加し続けている. 一方,現在のIEEE 802.11b/gでは, チャネル(周波数帯)がオーバーラップ して割り当てられているため, 近接チャネルを利用しているAPや端末間で電波干渉が生じる. これに加えAPが密集して配置されている場所では, 空きチャネル数が充分でないことから, IEEE 802.11a/b/g全てにおいて電波干渉が生じる可能性がある. この様な環境下において,従来通り無線状況のみを指標として各ステーション (STA,Station)が接続先APを選択すると, 電波干渉により効率の良い通信が妨げられてしまう可能性がある. そこで,本研究ではまず実環境において電波干渉が通信に与える影響の調査を 行う.実験より受信電力,干渉電力の大きさと通信品質の関係を示し, その結果を基に各STAが自律的に電波干渉を考慮してAPを選択する手法を提案する. そして,提案方式の有効性をシミュレーションにより示す. また,シミュレーション結果から,実環境においてSTAがどのように 周囲の無線状況を把握すべきかの検討を行う.
 
キーワード
  Wireless
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.