大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


実環境における無線LANハンドオーバ決定指標の調査 - 電波強度の問題点とフレーム再送回数の有効性 -
著者
  山口 剛史
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科, 卒業論文 2006 年 2 月
 
アブストラクト
  近年の無線LAN (Local Area Network) の急速な普及に伴い,今後は複数の通信事業者が提供する公衆無線LAN サービスが混在し,互いにオーバラップして相互接続されることで,ユビキタス環境が形成されると予想される.このようなユビキタス環境では,(1) 端末の移動と遮蔽物の存在,及び (2) 干渉,による通信品質の劣化が頻繁に発生すると考えられる.そのため,これらの品質劣化を適切に検知し,より良い通信品質を提供可能な無線LAN へハンドオーバすることが効率的な通信継続の達成には重要となる.先行研究ではハンドオー バ決定指標に着目し,既存のハンドオーバ決定指標の問題点に言及した上で,シミュレーション実験によりフレーム再送回数の有効性が示されている.しかしシミュレーションにより正確に電波の特性を模擬することが困難なため,電波強度とフレーム再送回数の比較実験は行われていない.そこで,本論文では実環境において FTP 通信と VoIP 通信を用いて,(1), (2) の検討項目に関して実験を行い,その結果からハンドオーバ決定指標としての電波強度の問題点とフレーム再送回数の有効性を明らかにする.
 
キーワード
  Wireless
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.