大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


マルチホップ無線LANにおける優先制御方式の検討と素の性能評価
著者
  獅子原 示紗
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科, 卒業論文 2006 年 2 月
 
アブストラクト
  ICT(Information and Communication Technology)技術の普及により,工場や 港湾などこれまで ネットワークが敷設されていなかった場所でも,インターネットを利用 したいという要求が高まっている.しかし,これらの場所で有線ネットワークを敷設するには コスト面や物理的配置の面で問題があり,導入は見送られて来た. そこで,近年広く普及している無線LANのアクセスポイント (Access Point: AP)を何ヶ所かに設置して,無線でパケットをバケツリレー のように転送するマルチホップ無線LANに対する注目が高 まっている.このマルチホップ無線LANにより,これまで導入が困難であった 場所でもネットワークを利用することが可能となると考えられる. 現在数社からマルチホップ無線LAN対応製品が販売されているが,そのネット ワークの性能や,QoS(Quality of Service)提供のためのパケット優先制御機構が提供されているか 等は不明である.また,マルチホップ無線LANではパケットは無線を経由してAP間を転送されていくた め,ホップ数の増加によるスループットの低下が報告されているが, その具体的な性能については不明である. そこで本研究では,マルチホップ無線LAN対応の既存機器について性 能評価を実施し,特にホップ数毎のスループット特性に注目する.その後,その評 価に基づき,マルチホップ無線LANにおけるホップ数に応じた優先制御方式を検 討する.最後に検討した機構について実機を用いて実験し,その有効性を検証 する.
 
キーワード
  Wireless
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.