大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


アドホック・センサネットワークにおける階層型データ集約センサの選択手法に関する研究
著者
  高江 信次
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科, 卒業論文 2006 年 2 月
 
アブストラクト
  多数のセンサにより広範囲の環境を随時監視するセンサネットワークでは,一般的に安定した電源を確保できないセンサを用いるため,センサを長時間駆動させるにはデータの収集,転送における省電力化が重要となる。そこで,センサを集約センサと非集約センサに区別化し,データ管理ノード(シンク)を頂点とする論理的な階層構造を形成することで,データ転送距離の短縮と集約センサにおける転送データの圧縮により省電力化を実現する手法が提案されている。しかし,個々のセンサの電力消費量に関する評価が不十分であり,今後この手法を改善するにはより詳細な評価が必要である。そこで本研究では,まず既存手法に基づいたシミュレータを作成し,各センサの電力消費量について詳細を明らかにする。その結果を基に,各センサの電力消費量を削減するための改善手法の提案,評価を行う。
 
キーワード
  その他
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.