大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


省電力化を考慮した複数センサによるターゲット捕捉アルゴリズムの性能評価に関する研究
著者
  長野 俊祐
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科, 卒業論文 2006 年 2 月
 
アブストラクト
  近年、ユビキタス社会の実現に向けて、多数のセンサを広範囲に配置することで人・モノ、それらの周辺環境を認識し、自律的にユーザに最適なサービスを提供するセンサネットワークが注目されている。感知対象(ターゲット)捕捉のためのセンサは、ターゲットの有無のみを取得するような低機能なものが一般的であるため、複数のセンサによる感知情報を利用することで、ターゲットのより詳細なデータを得ることが可能となる。しかし、現状のセンサネットワークにおいては、各々のセンサは電池駆動型で電力量が制限されるため、ターゲットを感知可能な状態と感知しない省電力状態を有し、ターゲットに接近したセンサがターゲットを感知する状態となることが一般的である。 そこで、本研究では、要求された複数のセンサでターゲットを捕捉するために各センサが簡単なメッセージ交換により自律的に自身の状態を決定する手法を提案・評価する。特に省電力化を考慮した改善手法の有用性について計算機シミュレーションにより評価する。
 
キーワード
  その他
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.