大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


LAN スイッチにおける省電力効果の解析評価に関する研究
著者
  八尋 豊
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学大学院 情報工学研究科 情報システム専攻,修士学位論文 2006 年 2 月
 
アブストラクト
  LAN スイッチにおける省電力化の手法として,到着パケットの転送処理中のみ機器を稼動させ,バッファ内にパケットが存在しないときは電力セーブモードに切り替えることが提案されている.しかしこの手法を用いた場合,パケットの到着状態によっては,短い間隔で頻繁に電力セーブモードに遷移するために,機器に悪影響を及ぼす可能性がある.そこで,電力セーブモードへの移行前に待機時間を設定することで,電力セーブモードへの頻繁な遷移を防ぐ手法が提案されている.しかしどちらの手法においても,電力削減効果や機器への影響については,解析的に明らかにされていない.そこで本研究では,上記手法において,待機時間経過後もパケットが到着しない場合は電力セーブモードに切り替えることを仮定した場合の LAN スイッチにおける省電力効果を評価するため,待ち行列理論を適用して解析的に性能指標を導出し,省電力効果を定量的に評価する.
 
キーワード
  その他
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.