大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


大規模分散環境における品質把握に向けたクラスタ化手法の検討
著者
  亀井 聡, 内田 真人, 川原 亮一
 
雑誌名/会議名
  2005年電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-7-10, 2005年9月20-23日(北海道大学, 北海道札幌市) 2005 年 9 月
 
アブストラクト
  IP 利用のインフラ化とユビキタス化の進行により,ネットワーク環境も広域化,多ノード化が進んでいる.このような大規模分散環境下で有効な制御を実施するには,ノードのクラスタ化によるスケーラビリティの維持が重要な課題となる.本稿では,品質把握を大規模分散環境で行うに際してのクラスタ化手法を提案する.
 
キーワード
  その他
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.