大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


VoIPのための再送回数を用いたハンドオーバ管理手法の性能評価
著者
  樫原 茂,塚本 和也,尾家 祐二
 
雑誌名/会議名
  電子情報通信学会 2005年総合大会, BS-3-5, pp. S-30-31, (2005年3月23日 大阪大学) 2005 年 3 月
 
アブストラクト
  VoIP通信中のモバイル端末が異なるドメインのWLAN間をハンドオーバするとき、パケットロスにより通信品質の劣化が生じる。この問題を解決するために、WLANの再送回数からシングルパス/マルチパス転送を使い分けハンドオーバを行う方式の提案を行った。しかし、実環境のようにモバイル端末が複数存在するときの性能評価は詳細に行われていない。そこで、本論文ではモバイル端末が複数存在する環境において、提案方式で用いるパラメタ設定がパケットロスとネットワーク負荷に与える影響を詳細に調査し、最適なパラメタ値を求める。そして、複数のモバイル端末が存在する環境においても提案方式が有効であることを示す。
 
キーワード
  Transport protocol, Wireless
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.