大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


Diffserv網におけるサービス品質:EF,AF及びBEサービス
著者
  福田 豊
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科, 卒業論文 2000 年 2 月
 
アブストラクト
  インターネットで異なるサービス品質を提供する機構として,サービス区別化 (Diffserv)が提案されている.Diffservでは,パケットは DSCP(Differentiated Services Code Point)によって識別される.ルータでパ ケットのDSCPに応じた取扱いをする事で,異なるサービス品質を提供できる. 現在IETFのDiffservワーキンググループによって,ルータにおけるパケット取 扱い(PHB: Per Hop Behavior)及びDSCP に関する標準化が進められており, EF(Expedited Forwarding)PHB及びAF(Assured Forwarding)PHB,そしてそれら で用いるためのDSCPが標準化されている. 本研究では,EF PHBを用いて提供される「仮想専用線サービス」,AF PHBを用 いて提供される「帯域割当サービス」及び従来のベストエフォート(BE)サービ スを単一のルータで同時に提供する場合の性能に関して調査した.その結果, EFサービスの動作が他のサービスの動作に影響を与える事がわかった.また このサービス間の影響を抑え,安定した性能でサービスを提供するためには, 各サービスへの最適な帯域割り当てが必要である事がわかった.
 
キーワード
  Diffserv
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.