大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


無線伝搬路状況に応じた動的帯域割当手法におけるTCPの性能評価
著者
  福田 豊
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学大学院 情報工学研究科 情報システム専攻, 修士学位論文 2002 年 2 月
 
アブストラクト
   無線環境で高速にデータ通信を行うことができる第3世代移動体通信システ ムIMT-2000が現在注目されており,今後さらにTCPを用いたインターネットと 携帯端末間のデータ通信が増加すると考えられる.IMT-2000の無線伝送方式で あるW--CDMAでは,無線伝搬路状況に応じた動的なリンク帯域制御を行うこと が定められており,次世代移動体通信システムにおいても無線伝搬路状況に応 じたリンク帯域の動的な制御は必要不可欠であると考えられる.そこで本研究 では,この動的なリンク帯域制御が行われるIMT--2000無線通信環境における TCP通信について調査を行う.最初に無線伝搬路状況に応じたリンク帯域の動 的な制御により,TCP総スループットが改善されることを示す.その後リンク 帯域の動的な制御を行う目安と,TCP総スループットを高く保持するためのリ ンク帯域制御について明らかにする.最後に一般的な状況を想定して,固定端 末と携帯端末が複数のTCPフローを用いて通信を行う場合について調査する.
 
キーワード
  Transport protocol, Wireless
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.