大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


通信媒体切替時のTCPの性能劣化に対する改善手法の提案とその効果
著者
  塚本 和也,福田 豊,堀 良彰,尾家 祐二
 
雑誌名/会議名
  2002年電子情報通信学会ソサイエティ大会論文集(CD-ROM), pp.531-532, 2002 年 9 月
 
アブストラクト
  近年,常時インターネットに接続したいという要求が高まってきた.それに伴い、携帯電話,無線LAN等の様々な無線を介したインターネット接続方法に注目が集まっている.この状況から将来の移動端末は受信状況に応じて最適な通信媒体を選択すると考える.しかし現在のインターネット通信では,TCPフロー識別にIPアドレスを使用しているため,通信媒体切替に伴いIPアドレスが変化すると通信が終了させられる.この問題を解決するTCPコネクション継続機構はすでに存在するが,通信媒体の切替に伴う帯域変化を考慮したフロー制御は行われていない.そこで本稿では通信媒体切替時の帯域変化を考慮したフロー制御方式を提案し,そのフロー制御方式の有効性を示す.
 
キーワード
  Mobile
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.