大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


Wireless LANにおけるアクセスポイント選択方式の提案とその評価
著者
  阿部 貴充, 福田 豊, 尾家 祐二
 
雑誌名/会議名
  電子情報通信学会 技術研究報告,NS2002-232,IN2002-205,pp.23-28,(2003年3月5日〜7日,沖縄県宜野湾市) 2003 年 3 月
 
アブストラクト
  無線LAN網環境においてユーザ収容数を向上させるためには無線LANアクセスポイント(AP, Access Point)を複数設置する必要がある.この環境下で無線ステーション(STA, Station)が電波状況のみを指標として接続先を選択すると,AP間の接続STA数に偏りが生じ,無線帯域を有効かつ公平に利用することができなくなる. そこで本稿では,無線LAN網から得られる様々な情報をもとにSTAが自律的にAPを選択するアルゴリズムを提案し,その効果をシミュレーションによって明らかにする.まずSTAがローミングしない場合において,TCP総スループットとSTA間の公平性に着目して評価を行う.次にSTAがローミングする場合においては,同様な指標に加え,定常状態までに要するローミング回数と時間に着目して提案方式の評価を行う.
 
キーワード
  Mobile, Wireless
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.