大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


アクセス負荷分散可能な半構造型P2Pネットワーク
著者
  永松 聡,岡村敏也,大西 圭,尾家祐二
 
雑誌名/会議名
  電子情報通信学会技術研究報告, IN2006-54, Vol.106, No.237, pp.31-36. 2006 年 9 月
 
アブストラクト
  現在のP2Pで一般的なFlooding検索は,アクセス負荷分散性能が高いが,確実な検索を行えないという欠点がある.これを解決可能なDHT検索では,各ノードが決められたアルゴリズムに従って検索要求メッセージ(クエリ)を転送することで,高速かつ確実に目的のデータを発見できる.しかし一方で,少数の人気データを持つノードへアクセスが集中する問題がある.そこで本研究は,DHT検索とFlooding検索とを組み合わせた半構造型P2Pを提案し,それぞれの検索を行うノードの比率を適切に設定することにより,アクセス集中問題を解決するとともに確実なデータの検索を達成できることを示す.
 
キーワード
  その他
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.