大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


半構造型P2Pネットワークの分散協調型トポロジ再構成
著者
  岡村 敏也
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学大学院 情報工学研究科 情報システム専攻, 修士学位論文 2007 年 2 月
 
アブストラクト
  Peer-to-Peer (P2P) ネットワークの分散環境下で確実にデータを入手したいという要望に対して,近年Distributed Hash Table (DHT) が注目されている.しかし,DHT はデータのアクセス発生頻度に偏りがあると,一部のノードにアクセスが集中する問題がある.この解決法として,これまでに先行研究において半構造型P2P を提案し,確実なデータ検索と,アクセス負荷の分散が可能であることを明らかにした.しかし,この機構ではあらかじめ決められた全データのアクセス頻度を基に負荷分散できるように静的にネットワークを構成するため,アクセス頻度の変動のような動的環境に対応する方式が必要となる. そこで,本研究ではDHT と同等の高いデータ検索成功率を維持しつつ,アクセス負荷分散の性能を向上させるために,ノード同士が協調して動作する動的なネットワーク再構成方式の提案を行う.そして,シミュレーションを用いた評価を行い,データのアクセス頻度の偏りがある場合においても,提案方式は高い検索成功率を維持しながら最適に近いアクセス負荷分散が可能な半構造型P2P に再構成できることを示す.
 
キーワード
  その他
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.