大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


半構造型P2Pネットワークの可視化に関する研究
著者
  原岡 雅俊
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科, 卒業論文 2007 年 2 月
 
アブストラクト
  近年,高スケーラビリティ,高ロバスト性などの特徴を持つPeer-to-Peer (P2P)ネットワークが注目されている.一方で,P2Pネットワーク上に実現されるサービス提供機構や制御機構は,ネットワークトポロジの動的な変更などを行うことがあり,複雑さを増している.例えば,先行研究にて提案されている半構造型P2Pネットワークには,アクセス負荷分散を実現するために,動的にノードのクラスタを形成する機構が存在する.そのような,動的かつ複雑な制御に対する洞察を深めるためには,従来の数値解析のみではなく,動的なネットワーク状態変化の視覚化が必要と考えられる. そこで本研究では,動的かつ複雑な制御を伴う半構造型P2Pネットワークの,可視化ソフトウェアを開発し,開発ソフトウェアによる視覚化が半構造型P2Pネットワークへの洞察を深めるために有用かを検証する. 可視化ソフトウェアは,ネットワークトポロジおよび検索クエリ送受信,ノードの移動,そしてデータ発見などを表示する機能を備える.そして,アクセス負荷分散状況の確認と,数値解析からは明らかでは無かった動的トポロジ再構成手法の問題点を明らかにする.これらの新たな知見により,開発ソフトウェアの有効性を示す.
 
キーワード
  その他
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.