大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


疑似パケットペアによる共有区間ボトルネック帯域幅推定手法の性能評価
著者
  辻村直也
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科, 卒業論文 2007 年 2 月
 
アブストラクト
  インターネットにおける通信は一般に, 管理主体の異なる複数のネットワーク(インターネットサービスプロバイダ等) を経由するため, 自ら管理していない他のネットワーク状態や特性をも把握する必要が生じる. そのために, ネットワーク内部の特性をネットワークの端点間(End-to-End)の計測から推定する手法が研究されている. その一つに, パケットが通過する経路(パス)に沿った最小リンク帯域幅(ボトルネック帯域幅)を推定する問題がある. しかし, 複数の送信者から単一受信者へデータを同時転送する場合, 適切な送信レートの決定には, 各々のパスの共有区間内のボトルネック帯域幅を知る必要がある. このような共有部分パスのボトルネック帯域幅を送信者・受信者間のアクティブ計測だけから推定するために, 先行研究で疑似パケットペアを用いた推定手法の原理が提案された. 本研究では, 疑似パケットペアによる帯域幅推定手法の原理に基づく具体的な推定手法を提案し, その推定精度や推定効率(時間)をシミュレーションによって評価した.
 
キーワード
  Measurement
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.