大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


ターゲット捕捉センサネットワークにおける電力消費特性の評価に関する研究
著者
  徳永 忠敏
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科, 卒業論文 2007 年 2 月
 
アブストラクト
  近年,ユビキタス社会の実現に向けて,センサが自律的にネットワークを形成し,様々な情報を収集,管理するユビキタスセンサネットワークが注目を集めている.センサネットワークを構成するセンサノードはバッテリ駆動型であるため,長時間にわたりセンサネットワークとしての機能を提供するためには省電力化が必要である.センサネットワークの主要なアプリケーションのひとつであるターゲット補足では,一般的に最近接センサがセンシング/通信が可能なActive状態,その他のセンサは電力消費を抑制するSleep状態をとることで電力消費を軽減する.しかし,ターゲットの移動状況によってネットワークを構成する各センサノードの電力消費に偏りが生じる.先行研究では,一次元ターゲット捕捉ネットワークにおいて各センサノードの電力消費量の偏りを軽減するためにターゲット捕捉センサノードを最近接センサから隣接センサに確率的に変更する手法を解析的に評価している.しかし,ターゲットの移動モデルが離散的であり,さらに捕捉センサノード切替時のセンサノード間の通信による電力消費が考慮されていない.そこで本研究ではターゲット捕捉センサを確率的に変更する手法について,連続的なターゲット移動モデルにおける電力消費特性をシミュレーションにより詳細に評価する.
 
キーワード
 
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.