大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


速度自動認識スイッチにおける省電力化のための速度切替方式の評価に関する研究
著者
  西内 康晴
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科, 卒業論文 2007 年 2 月
 
アブストラクト
  ネットワークの発展や拡大に伴い,構内LANやホームネットワークの普及により,ネットワーク機器の利用台数が増加している.そのため,ネットワークを構成する機器全体の消費電力は飛躍的に増加している.ネットワーク機器において省電力化を考慮する場合,占める割合の高いLANスイッチについて検討する事は重要である.ポート自動認識機能を備えたLANスイッチでは,各ポートにおける設定速度が高い程,ポート当たりの消費電力は大きくなるため,その傾向を利用して収容トラヒック量に応じて転送速度を切替える事は省電力化の点から有効であると考えられる.そこで本研究では,まずポートの転送速度を自動認識できるLANスイッチにおける省電力量特性を実験を通して明らかにし,次に収容トラヒック量,及び,ポートバッファのパケット数を考慮した速度切替え手法を提案,シミュレーションにより省電力効果について評価する.
 
キーワード
  その他
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.