大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


早期パケット廃棄に基づく遅延特性改善法の多様な条件下での性能評価
著者
  末岡 達郎
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科,卒業論文 2007 年 2 月
 
アブストラクト
  近年,動画配信やIP電話のような実時間通信アプリケーションが次第に増加してきている.そのようなアプリケーションの品質は,ネットワークにおける遅延の影響を強く受けてしまう.また,アプリケーションによっては許容できる遅延時間の上限が決まっており,許容遅延時間を超過してしまったパケットは,通信アプリケーションにとって無駄なだけではなく,ネットワークの余分な負荷にもなってしまう.そこで,許容遅延時間を超過したパケットを早期に廃棄することで,結果的に全体的な遅延特性を軽減するMTQ(Maximum Transmission Queue delay)/QTL(Queue delay To Live)機構が提案されている.先行研究では,実時間通信アプリケーションのフローだけがネットワーク上に存在し,高いリンク利用率で競合する状況を想定したネットワーク・シミュレーションを行い,MTQ/QTL機構の有効性を示している.本研究では,リンクの利用率が高い部分と低い部分が混在する状況や,実時間通信のフローと非実時間通信のフローが混在する状況を想定した,先行研究でカバーされていなかった条件でのネットワーク・シミュレーションを行い,MTQ/QTL機構の有効性や問題点の検討を行った.
 
キーワード
 
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.