大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


TCP通信に対応した大規模ネットワークOLSのための並列分散シミュレータの開発に関する研究
著者
  安達 輝雄
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学大学院 情報工学研究科 情報システム専攻, 修士学位論文 2007 年 2 月
 
アブストラクト
  制御対象ネットワークに対して、情報取得、性能予測、制御パラメータ反映を繰り返し適 用し、ネットワーク状況を逐次改善するOLS(Online Simulation)技術が提案されている。 OLS では、トラヒック転送状況の変化へ迅速に対応するため、一連の処理を高速に行う必 要がある。特に性能予測処理は、他の処理と比べOLS 実行時間に占める割合が高く、その 高速化が重要である。一般的に、大規模ネットワークの性能予測には複数計算機による並列 分散シミュレーション手法が用いられるが、計算機間の通信処理が頻繁に発生することによ る実行時間の増加が問題となる。そこで、各計算機のシミュレーションを一定期間独立して 実行し、その期間の通信情報を相互に交換して、再度シミュレーションを実行する手法が提 案されている。しかし、既存の並列分散シミュレーション手法とのシミュレーション実行時 間の比較は行われておらず、一台の計算機で対象ネットワークをシミュレーションした場合 のトラヒック転送特性との比較/検証も十分ではない。 本研究では、TCP 通信に対応した反復型並列分散シミュレーションシステムを構築し、シ ミュレーション実行時間と転送特性に関する精度を調査し、既存の手法と比較することで、 大規模ネットワークOLS への適用性について検証する。
 
キーワード
  その他
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.