大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


有線/無線網における無線LAN-GW選択手法に関する研究
著者
  井上 陽介
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科,卒業論文 2007 年 2 月
 
アブストラクト
   近年、携帯型無線端末の技術発展と接続場所に依存しないインターネットアクセスの需要が高まり、無線LAN(LAN:Local Area Network)の普及が進んでいる。さらに、コスト面や地理的な理由から有線ネットワークを敷設困難な場所に置いて、無線LANの基地局(AP:Access Point)を無線で相互に接続して通信エリアを柔軟に拡大できるマルチホップ無線LANが注目を集めている。マルチホップ無線LANでは各APからのトラヒックは、有線バックボーンネットワーク中の複数のゲートウェイ(GW:GateWay)を介して収容される。そのため、AP-GW間距離や 無線伝搬特性など無線網の状況に応じた接続GW選択方式が提案されているが、GWから転送先ノード間の有線網の状況を考慮した動的なGW選択を行うことで、End-to-Endの転送性能の改善が期待される。  そこで本研究では、有線/無線統合ネットワークに置いて、無線APから有線網の転送先ノードまでのデータ転送を仮定し、複数のGWが存在する場合に、無線網におけるGWのAP接続状況に加えて転送先ノードまでの有線リンクの利用状況を考慮した動的な接続GW選択制御について調査する。また、制御時の性能予測における接続GWパターン削減手法を提案し、その有効性を評価する。
 
キーワード
 
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.