大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


マルチモーダル環境における最適な通信媒体選択機構の実装詳解と基礎特性評価
著者
  塚本 和也,中野 雄貴,山口 剛史,樫原 茂,尾家 祐二
 
雑誌名/会議名
  電子情報通信学会 技術研究報告,CQ2007-33,pp.113-118,(2007年7月12〜13日,北海道) 2007 年 7 月
 
アブストラクト
  近年の多様な無線通信技術の急速な普及に伴い,移動端末は自律的にアクセス無線技術を使い分ける(ハンドオーバする),マルチモーダル通信を行うと考えられる.しかし既存のハンドオーバ機構ではハンドオーバ時の通信継続は達成できるが,最適な通信媒体の選択ができない上,その通信性能が大幅に劣化してしまう.そこで先行研究では, 最適な通信媒体を選択しつつ,途切れない(シームレスな)切替を実現する機構を提案し,シミュレーションにより有効性を評価した.しかし,機構の実装及び実環境での使用を考慮する際には,シミュレーションでは予測できない様々な要因により,その通信性能が大幅に変動する可能性があるため,実際の通信性能を考慮しつつ,実装方法に関して検討を行う必要がある.そこで本研究では,提案機構の実装手法を詳解した上で基礎特性評価を行い,性能改善手法の検討を行う.
 
キーワード
  Mobile, Transport protocol, Wireless
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.