大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


大規模ネットワークの品質計測・障害推定技術
著者
  長谷川亨,阿野茂浩,鶴正人,尾家祐二
 
雑誌名/会議名
  電子情報通信学会誌 Vol.91, No.2, pp.92--97. 2008 年 2 月
 
アブストラクト
  インターネットが社会や経済を支えるインフラストラクチャとして,不可欠な存在になるにつれて,高い品質や接続性が求められている.しかしながら品質や内部状態をネットワーク全体で保持,管理する機能を持たないため,その実現は容易でない.これに対して,近年,インターネットの内部状態を,エンドツーエンド通信の品質や経路情報の伝搬を計測したデータから推定し,品質制御に応用する手法の進展が目覚ましい.特に,複数の観測点での計測データから品質障害の発生箇所を推定する技術は,通信キャリヤ等の運用での実用化が期待されている.そこで本稿では,複数の計測データから品質障害の発生箇所を推定する技術に関して,研究の最新動向と実用化に向けた課題を紹介する.
 
キーワード
  Measurement
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.