大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


ドメイン名に対応するIPアドレスを用いたネットワーク構成法(in Japanese)
著者
  石 穎慧,池永 全志
 
雑誌名/会議名
  電子情報通信学会NS研究会(2007,10,TOKYO) 2007 年 10 月
 
アブストラクト
  メイン名とIPアドレスの対応を管理する Domain Name System (DNS) は,インターネットにおける重要な基盤システムの一つであるが,名前解決に要する遅延時間やセキュリティなどに関して,解決すべき課題が存在する.これらの課題の多くはDNSが分散型データベースであり,名前解決に際してネットワーク上のサーバに問い合わせを行う必要がある点に起因するため,現在のDNSの仕組みを大きく変更しなければ,全ての課題を解決することは困難である.本稿では,DNSを使用せずにドメイン名とIPアドレスを対応付けるために, Fully Qualified Domain Name (FQDN)を符号化し,そのままIPv6アドレスとして用いる手法を提案する.提案手法はドメイン名とIPアドレスの対応を,通信を行うホスト自身が解決することができるため,DNSに存在する遅延時間やセキュリティに関する問題が発生しない.また,FQDNの名前階層を活用することによって, IPv6におけるアドレス集約を効率よく行うことが可能となる.本研究では,提案方式を実装したホストを用いて実験ネットワークを構築し,提案方式の動作ならびに,既存のインターネットとの共存が可能であることを確認した.
 
キーワード
  その他
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.