大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


ユビキタス無線LAN環境における適用型シームレスハンドオーバ制御機構の有効性評価
著者
  南めぐみ, 山口 剛史, 塚本 和也, 樫原 茂, 尾家 祐二
 
雑誌名/会議名
  情報処理学会 火の国シンポジウム2008 2008 年 3 月
 
アブストラクト
  無線LAN の急速な普及に伴い,近い将来複数の通信事業者が提供する公 衆無線LAN が互いにオーバラップすることで,ユビキタス無線LAN 環境 が構築されると考えられる.1 つの無線LAN のサービス提供範囲は比較 的狭いため,ユビキタス無線LAN 環境では,移動端末が通信中に複数の 無線LAN を切り替える,いわゆるハンドオーバの機会が増加する.しか し,従来のハンドオーバ制御機構を用いても,ハンドオーバ中に通信中 断が発生し,通信性能が大幅に劣化してしまう.そこで,先行研究では 新たなハンドオーバ決定指標としてフレーム再送回数を用いたハンドオ ーバ制御方式を提案し,固定レートをサポートする無線LAN 間において シームレスハンドオーバを達成できることを明らかにした.しかし,そ の適用範囲は極めて限定されていたため,我々は適用範囲が広い新たな ハンドオーバ制御機構を提案した.そこで本稿では,可変レートをサポ ートする無線LAN 間のハンドオーバ時に,(1) 移動速度や(2) 移動パタ ーンを変化させ,提案機構の有効性をシミュレーション実験により評価 する.
 
キーワード
  Mobile, Transport protocol, Wireless
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.