大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


ターゲット捕捉センサネットワークにおける移動予測型捕捉アルゴリズムの提案と性能評価に関する研究
著者
  長野 俊祐
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学大学院 情報工学研究科 情報システム専攻, 修士学位論文 2008 年 2 月
 
アブストラクト
  近年、ユビキタス社会の実現に向けて、人々の状況に適したサービスを自律的に提供するために、ユーザ周辺環境情報を取得し、取得情報を伝達するセンサネットワークが注目されている。その代表的なサービスとして移動ターゲット捕捉が存在するが、大量のセンサにより構成されるセンサネットワークにおける個々のセンサは低機能である可能性が高いため、取得可能な情報の精度も低いことが予想される。そこで、我々はこれまで複数のセンサによりターゲットを同時捕捉するためのアルゴリズムを提案したが、高速移動時のターゲット捕捉性能には限界があった。さらに、現状のセンサネットワークにおいては、各々のセンサは電池駆動型で電力量が制限されるため、ネットワークを長期間稼働させるには省電力化も必要不可欠である。そこで、本研究では、既存ターゲット捕捉手法におけるターゲット移動予測手法の提案と移動予測に基づくターゲット捕捉アルゴリズムの改良を行い、シミュレーションにより手法の有効性を検証する。
 
キーワード
  Wireless, その他
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.