大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


複数センサによるターゲットトラッキングのためのセンサネットワーク構築手法〜アルゴリズムの提案と設計指針の検討〜
著者
  植田 啓文
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学大学院 情報工学研究科 情報システム専攻 修士学位論文 2008 年 2 月
 
アブストラクト
  近年の無線通信技術の発達により,今後は様々なモノがネットワークに接続され互いの情報を交換する「ユビキタスネットワーク」へと進展すると考えられる.ユビキタスネットワークでは,人やモノ及びその周辺環境に応じてユーザや機器に適切なサービスを提供できるようになると考えられる.しかし,その実現には実際に発生するイベントとユーザ(機器) の間を繋ぐインターフェースの役割を担う「ユビキタスセンサネットワーク」技術が必要不可欠になる.このセンサネットワークは,一般に低性能なバッテリ駆動型のセンサにより構成されるため,ターゲットトラッキングを行なうには,(1) 複数センサによる捕捉,(2) 捕捉センサの迅速な引き継ぎ,(3) 省電力化,を考慮する必要がある.また,センサネットワーク構築に着目すると,トラッキング性能はセンサの配置密度や要求捕捉センサ数に依存すると考えられ,各アプリケーションからの要求も様々である.そのため,センサネットワーク上のアプリケーションの性能を十分に引き出すには,要求に応じた適切なセンサネットワークを設計する指針が重要となる.そこで本研究では,まず,先行研究を基にしたターゲットトラッキングアルゴリズムの提案を行い,アルゴリズムの性能評価を行う.その後,提案アルゴリズムを用いた際のセンサネットワークの設計指針について検討を行う.
 
キーワード
  その他
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.