大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


二次元ターゲット捕捉センサネットワークにおけるセンサノード省電力化の性能解析に関する研究
著者
  原田 裕次郎
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学大学院 情報工学研究科 情報システム専攻, 修士学位論文 2008 年 2 月
 
アブストラクト
  近年,ネットワークの普及に伴い,どこでも,誰でも,何でもインターネットに接続が可能になるユビ キタスネットワークが注目されている.ユビキタスネットワークでは,様々 な情報を取得し,取得した情報をフィードバックするセンサネットワークが重要な役割を果たす. 設置場所に対する制約がないセンサネットワークの構築のためにはバッテリ駆 動型センサノードの利用が考えられる.ターゲット捕捉センサネットワークお いてターゲット捕捉を最近接センサノードで行う場合,ターゲットの移動状況によっ ては電力消費状態が不均一になり,システムの一部の機能が損なわれ,システ ム稼働期間が短縮されるおそれがある. 本研究では,まず,二次元ターゲット捕捉ネットワークにおいて,ターゲット の移動を離散的な二次元ランダムウォークでモデル化し,各センサノードの電 力消費量を解析的に導出する.そのうえで,各センサノードの電力消費量の偏りを平滑化するために, ターゲット捕捉センサノードを最近接センサノード以外に捕捉可能な隣接センサノード に確率的に切替える手法を提案し,提案手法におけるセンサノードの電力消費 量を導出し,ターゲットの移動傾向や隣接センサノード切替率との関係を定量 的に評価する.
 
キーワード
  その他
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.