大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


AS間-AS 内経路制御プロトコルの連携によるトラヒックエンジニアリングに関する研究
著者
  足立 祥一
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学大学院 情報工学研究科 情報システム専攻, 修士学位論文 2008 年 2 月
 
アブストラクト
  近年、複数のAutonomous System(AS)を経由するend-to-end スループット特性を向上させるために、AS間経路を効率よく利用するAS 間のTraffic Engineering (TE) が必要となっている。しかし、現在のインターネットにおいて一般的なAS間経路制御プロトコルであるBorder Gateway Protocol(BGP)は、AS間の接続性のみを提供するため、ネットワーク状況に応じた経路制御は困難である。さらに、一般的にAS からの流入トラヒック(Inbound Traffic)に対する制御は困難であるため、自AS からの流出トラヒック(Outbound Traffic)を対象とするが、AS間経路を変更すると自AS内の転送経路も変更されるので、AS内部に及ぼす影響を考慮したAS間TE を実現しなければならない。そこで本研究では、具体的なAS 間TE 手法を提案し、AS内ネットワークにおける影響を調査する。さらにAS 内部ネットワークの状況を考慮したAS 間TE とAS 内TE との連携アルゴリズムを検討し、シミュレーションによりAS 間-AS 内TE連携手法の性能を評価する。
 
キーワード
  QoS routing
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.