大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


劣通信環境での下り無線データ通信におけるユーザ間公平性を考慮した損失パケット復元手法
著者
  新名 健史
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科, 卒業論文 2008 年 2 月
 
アブストラクト
  ネットワーク利用の拡大・多様化が進む中で,劣悪な無線環境においても通信を行いたいという要求がある.しかし,山間部や離島など,すべての場所に高速通信のインフラを整備することは,困難・高コストである.そのため,低速な通信や断続的通信しかできない劣通信環境において,最低限の情報通信サービスを現実的なコストで行うための技術が必要となってきた.そこで,本研究では,山奥や海上を含む広域に存在するユーザへ送信局からの低周波数無線を使ってパケットを届けることを想定する.無線通信のブロードキャスト特性を利用し,パケットの合成による冗長化を行うFEC(Forward Error Correction)によって,ユーザ間の公平性を考慮しながらパケットロスを効果的に回復する手法を提案し,その有効性をシミュレーションによって評価する.
 
キーワード
  その他
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.