大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


劣通信環境でのマルチパスデータ転送における経路間相関を考慮した損失パケット復元手法
著者
  根之木 喜幸
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科,卒業論文 2008 年 2 月
 
アブストラクト
  近年,ネットワーク技術と利用の拡大に伴い無線通信や電力線通信,衛星通信のように通信の形態にも様々なものが登場してきた. しかし,これに伴いパケットロスや一時的障害の発生頻度の高い多様な通信リンクが存在するようになってきた. また,今まではネットワークの設置が困難であった山間部や僻地といった場所でも,アドホックネットワークを利用してマルチホップで通信を行うことも可能となってきている. こういった環境での通信では,隣接ノード間の通信リンクの不安定性や不連続性によるパケットロスや大きな遅延が問題となる. その為,個々の性能は極めて低い複数のネットワーク経路(パス)を同時に利用することで必要な通信性能を達成するマルチパス通信が重要となる. 本稿では,劣通信環境におけるマルチパスを利用した実時間通信において,フィードバックが極めて限定的な状況でもパケット到着率を改善するためにパケット合成を用いた冗長化を行い,シミュレーションを通して評価を行う.
 
キーワード
  その他
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.