大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


汎用センサによる動的フィードバック制御システムの開発に関する研究
著者
  中村 勇太
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科, 卒業論文 2008 年 2 月
 
アブストラクト
  近年,何の制約も受けずに,あらゆるモノがアクセス可能なネットワークとしてユビキタスネットワーク技術の研究が進められている.中でも,家電やオフィス機器を始めとする多種多様なIT 技術への活用を行い各種サービスに対応するために人や物の状況,及びそれらの周辺環境を自動認識し,自律的な情報収集・分析に基づいた最適な動作を実現する「センサネットワーク技術」が注目されている.将来的には,環境,保健,福祉,交通,防災などの幅広い分野での応用が期待されている. センサネットワークを構築する上で電池駆動型のセンサノードを用いる場合,長期間にわたりセンサネットワークの性能を維持するためにはセンサノードの省電力制御が必要不可欠である.しかしCrossbow社のセンサノードである「MICA MOTE」(以下MOTE)には状況に応じた自動で動作制御を行う機能は実装されておらず,上記のような省電力制御が困難である.そこで本研究ではMOTEを用いたセンサネットワークを構築し,基本性能評価を行った上で省電力を目的としたセンサノードの動作制御を自動で行う動的フィードバック制御システムを開発する.
 
キーワード
 
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.