大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


TE over スケールフリーネットワークにおける転送経路設定方式の性能評価に関する研究
著者
  中山 祐輔
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科, 卒業論文 2008 年 2 月
 
アブストラクト
  近年インターネットの普及及び大規模化に伴い,物理トポロジにおけるスケールフリー性が明らかになった.スケールフリー性を有するネットワーク(スケールフリーネットワーク) は,多数のリンクを持つ少数のノード(ハブ) と少数のリンクを持つ多数のノードで構成されている.そのため,ハブとなる少数のノードにトラヒックが集中する可能性が高い.先行研究ではこの通信特性を調査し,現状の最短ホップ/最小コスト経路制御手法では高次数ノードの出線リンクにおいてトラヒックが集中するために負荷分散が必要で,そのための負荷分散手法として最高次数ノードの出線リンクの利用率が固定閾値を超えたリンクを使用不可とし,全送信ノードが第2 最短経路を利用することで負荷分散が可能であることが示されている.しかし,全てのトラヒックの転送に当該リンクを使用できなくなるため,迂回リンクに大きな影響を与える問題が生じていた.そこで本研究では,物理的なスケールフリーネットワークにおいて各リンクの論理的な転送フロー数と物理的な利用率の関係を調査し,負荷分散の対象となるリンクの設定指針についてシミュレーションにより明らかにする.
 
キーワード
  その他
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.