大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


LAN-SW省電力化のための動的Extra Active時間設定方式の性能評価に関する研究
著者
  富原 理津子
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科, 卒業論文 2008 年 2 月
 
アブストラクト
  近年の情報ネットワーク・通信技術の発展・普及に伴うネットワーク機器の増加により,機器全体の電力消費量が増加している.そのため,普及台数,総消費電力量に占める割合が最も多いLANスイッチの省電力を図ることは極めて重要である. LANスイッチの最も簡易な省電力化手法として,転送ポートバッファ内のパケット数が0になると即座に電力セーブモードに移行する手法(即時手法)が提案されているが,即時手法ではパケットの到着状況によっては短期間に頻繁に電力セーブモードに移行し,機器に電気的ストレスを与える可能性が生じる.そこで,電力セーブモード移行前にExtra Active期間(EAP)と呼ばれる待機時間を設定する手法が提案され,手法の有効性が解析的に明らかにされている. EAPを固定にすることにより,省電力効果とモード切替回数が完全なトレードオフの関係にあることが示されているが,高い省電力効果を得るには,トラヒックの短期的な変動に応じたEAPの動的な制御が必要である. そこで本研究では,トラヒックの短期的な到着傾向に応じてEAPを設定する動的EAP制御手法を提案し,提案手法における省電力効果及びモード切替回数を計算機シミュレーションにより明らかにする.さらに,パケット到着モデルによる省電力効果への影響も調査する.
 
キーワード
  その他
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.