大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


高速パケットフィルタの実装と評価
著者
  山下義行,鶴正人
 
雑誌名/会議名
  情報処理学会論文誌 コンピューティングシステム (IPSJ ACS) 2008年 6月 26日 Vol.1 No.1 2008 年 6 月
 
アブストラクト
  パケットフィルタリング処理はあらゆる種類のネットワーク機器に必要な機能になってきている.ハイエンドのルータやファイアウォールであればハードウェアベースの実装も可能である.さもなくば柔軟かつ安価な実現のために汎用CPUを使ってソフトウェア的に実装されるが,その場合には処理の高速性に欠点がある.そこで本研究ではパケットフィルタプログラムにコード最適化手法,特に条件分岐を含むループのためのソフトウェア・パイプライン化手法を適用し,インテルIA-64 Itanium 2プロセッサ上での高速化を試みる.著者らはすでにパケットモニタ・ツールtcpdumpについて高速化の効果を確認している.本研究ではその手法を一部変更して適用し,商用Cコンパイラによって最適化した場合の4倍の高速化,ソフトウェア・パイプライン化を用いない最適化の2倍の高速化を達成した.今回開発した最も高速なフィルタプログラムはItanium 2プロセッサの上限性能で動作する.
 
キーワード
 
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.