大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


ネットワークトモグラフィーを用いたトラヒック行列推定手法の実験
著者
  立花 大祐,田中 喜明,内田 真人,鶴 正人,尾家 祐二
 
雑誌名/会議名
  電子情報通信学会 通信方式研究会 技術研究報告, vol. 108, no. 394, CS2008-66, pp. 55-60 (2009 年 1 月 22-23 日, 沖縄県西表島) 2009 年 1 月
 
アブストラクト
  近年のネットワーク管理において必要となる大域的なトラヒックフローの統計的把握のためには,OD (origin destination) トラヒック行列の推定が重要である.超高速ネットワーク上でのトラヒック行列の直接計測は難しく高コストである為,統計的な推定が研究されてきた.本研究では,著者らが先行研究において提案し,数値実験によって効果を示した推定手法に関して,その実用性を検証するために,大学内ネットワークの実トラヒックを用いて実験し,分析・評価を行った.実験の結果,他の既存手法がうまく適用できないような条件 (例えば,変則的なトラヒック,少量のトラヒック,短い単位時間等) にも適用可能であることが分かった.
 
キーワード
  Measurement
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.