大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


通信方式を考慮した階層型センサネットワークにおける クラスタ形成機構に関する研究
著者
  新原 竜馬
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学大学院 情報工学研究科 修士論文, 2009年 2月 2009 年 3 月
 
アブストラクト
  広範囲の環境を常時観測するセンサネットワークは,一般的に多数のバッテリ駆動型セン サにより構成されるため,センサを長期的に稼働させるにはデータ収集,転送における省電 力化が重要となる.そこで,ネットワークを論理的に小領域(クラスタ) に分割し,集約セ ンサがクラスタ内の他センサ(非集約センサ) の取得データを収集/圧縮しデータを一括して データ管理ノード(シンク) へ転送する階層化方式が有効となる.しかし,センサノードの 通信方式やクラスタ形成・データ転送方式を明示した評価はされていない.本研究では通信 方式にIEEE802.11b を仮定したクラスタ形成・データ転送方式を提案しその評価を行うと 共に省電力化を実現するクラスタリングパラメータについて明らかにする.
 
キーワード
  Sensor Networks
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.