大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


屋内高速電力線通信(PLC)に適したネットワーク協調型TCP輻輳制御手法に関する研究
著者
  三次 祐輔
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文 2009 年 3 月
 
アブストラクト
  近年,ホームネットワークの実現手段として既設の電力線を利 用可能な屋内高速電力線通信(PLC:Power Line Communication) が注目されており,2006 年10 月の電波法改正以降,様々な製品 の商品化が進んでいる.しかし,電力線の配線方法や機器の接続, 稼働状態によって伝送路損失,電圧,インピーダンス/雑音レベル が大きく変化するため,PLC 環境における通信性能の評価は現状 では極めて困難になっている. そこで,本稿では,多様な環境下におけるPLC 通信の性能評価 を目的としてシミュレータを作成する.その後,シミュレーション 実験からPLC 環境における既存TCP の輻輳制御の問題点を明ら かにした上で,PLC 送信モデムとTCP 送信側が連携するネット ワーク協調型の輻輳制御手法を新たに提案し,その有効性を示す.
 
キーワード
  その他
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.