大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


高速パケット無線アクセスにおけるTCPを考慮したスケジューリング
著者
  廣瀬 卓
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学大学院 情報工学府 情報システム専攻 修士論文 2009 年 2 月
 
アブストラクト
  次世代の移動体通信として,Evolved UTRA (UTMS (Universal Mobile Telecommunications System) Terrestrial Radio Access) and UTRAN (UTMS Terrestrial Radio Access Network) - 通称 LTE (Long Term Evoluation)が注目されている.本研究では,Evolved UTRA and UTRANの無線リンク上で時間と共に変動する無線状態だけでなく,周波数ブロック単位での無線状態も考慮する時間/周波数分割スケジューリングについて検討し,その有効性をシミュレーションにより検証する.先行研究では,時間分割スケジューリングにおける代表的な方式であるMaxCIR機構,Proportional Fairness機構を時間/周波数分割スケジューリングに拡張し,基本的な性能評価を行った.本研究では,様々な環境下における詳細な評価によって問題点の分析を行い,その問題点を改良する対策を検討,それに対する評価を行う.
 
キーワード
  Mobile, Transport protocol, Wireless
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.